またメガネフレームを買っちゃったよ・・・・(滝汗) 【東方project コラボレーションメガネ】

 30 Nov 2012 10:01:54 pm

今月の21日に、THE EYES12月号の「My Shop」に掲載するお店の取材に行ってきました。
お伺いしたのは、東京・東池袋に今年9月1日にオープンした、執事さんが接客とメガネ選び、そしてメガネ作りまでをしてくれるメガネショップ『執事眼鏡 eye mirror(アイミラー)』さん。

 
このメガネショップは、犂禧世忙鼎┐觴校が、主人である眼鏡の最良のパートナーを探している瓩箸い設定でコンセプト作りをしているのが特徴です。
 

 
 
お店の詳細は12月15日発行予定のTHE EYES12月号をご覧いただくとして、今回このブログで報告させていただくのは、こちらのお店がオリジナルフレームとして開発した、大人気の弾幕系シューティングゲーム『東方project』に登場するキャラクターのイメージでデザイン・製作されたコラボレーションメガネです。
 
第1弾モデルは、来年1月ごろの発売開始を目標に現在生産中だそうで、来月(12月)あたりから予約受付を開始する予定だとか。
 
で・・・このコラボメガネですが、お店に来店されたお客様からの先行予約をすでに受け付けているということでしたので、自分も取材終了時に予約してきちゃいましたっ♪(苦笑)。
 
 
東方project コラボレーションメガネの第1弾商品として発売されるのは、霧雨魔理沙をイメージしてデザインされた「八掛炉眼鏡」と、博麗霊夢をイメージしてデザインされた「紅白巫女眼鏡」の2種類です。
 


 

現在、それぞれの専用デザインのケースなどを開発している最中だそうです。
 
 
メガネフレームのデザインは、東方キャラ×眼鏡というコンセプトで二次創作作品を描かれている鍋島テツヒロさんが担当。
鍋島テツヒロさんが発行した同人誌「東方MEGANE」シリーズに掲載されている眼鏡の中から、今回は主人公コンビのメガネフレームを製品化したそうです。
 
もちろん、東方projectシリーズの原作者である「上海アリス幻樂団」の"ZUN”さんの承諾を頂いている正規の商品になります!
 
 

同人誌「東方MEGANE」の第1号。
表紙のアリスがかわいいデース♪
(鍋島テツヒロさんのブログサイト  http://lunadeluna.blog.shinobi.jp/
 
ちなみにこの「東方MEGANE」ですが、現在第3号まで発刊されています。
同人ショップなどで見かけたら、手にとって見てはいかがでしょうか?
 
 
今回購入(予約)したメガネフレームは2種類とも・・・・(汗)。
支払いは、(たぶん)来年の商品受け取り時になりますが、ガレージ製作でお金ねぇ・・・・・(滝汗)
やっぱカードで分割払いかな・・・・(汗笑)。
 
 
あ・・・
ちなみにこの東方project コラボレーションメガネのお値段、そんなに高くないですよ。
どちらも1万3500円だったと思います。
(ただしレンズ代は別です)
 
生産・販売本数は、どちらのモデルも限定200本だということですので、気になった方はお店のWEBサイトをこまめにチェックしてみてはいかがでしょうか?
予約の開始時には、予約専門のページをオープンさせるということでした。
 
 
 
■執事眼鏡 eyemirror
WEBサイト(http://www.eyemirror.jp/
 

カテゴリー : ヲタ系めがねネタ | Posted By : かむ@編集長 |

  六本木ヒルズでハナエモリの2013春・夏コレクションを堪能♪

 30 Nov 2012 09:53:21 pm

12月号の編集作業がメチャ忙しくて、今週は毎日終電ぎりぎりの時間まで残業中です。・・・・(涙)。
 
 
しくしくしく・・・・・

 
 
 
昨日(29日)は午後3時ごろから、六本木ヒルズにあるヒルサイドで今日、明日の2日間行われている、ハナエモリの2013年春・夏向けの新作コレクション発表会「2013 Spring & Summer Exhibition」を仕事で見に行ってきました。
 

 
今回の発表会での主役は、今年9月にパリでデビューした「テーブルウェアコレクション」だそうで、森英恵とフランスの老舗陶磁器ブランド「アビランド(HAVILAND)」とのコラボレーションにより生まれた、エレガンスなテーブルウェアが華やかに展示されていました。
 


いずれも、かなり良いお値段の食器類です・・・・(汗)。
 
よく食器を割ってしまう我が家では、とてもじゃありませんが怖くて使うことができませんね・・・・(汗笑)。
 
 
この「テーブルウェアコレクション」は、来年2月には後楽園の東京ドームシティで行われるインテリアの展示会「テーブルウェア・フェスティバル2013」にも出品する予定だということでしたので、気になる方は見に行かれてはどうでしょうか?
 
 
 
ハナエモリ・・・といえば、やはりウエディングドレス。
今回はこんな感じのドレスが展示されていました。

 
ちなみに、2着のドレスの中央あるのは一輪挿しの花器だそうです。

 
・・・・・・
で・・・・・・・
この花器のお値段が・・・・・・・・(ガタブル

 
 
メイン商材である婦人服のコレクションも、もちろん展示されていました。

服の柄などに爛灰リコ(ひなげし)瓩離皀繊璽佞鮗茲蠧れたワンピースなどのアウター類が発表されていました。
 
また春・夏らしくブルーやオレンジなどの色合いを取り入れたコレクションや、ハナエモリの姉妹ブランドである「アルマ アン ローズ(ALMA EN ROSE)」の若々しいラインなども展示されていました。
 
 
この他にも、傘やセンス、バッグ、サングラスなどといった小物類も展示されていました。

小物類はギフト瓩鬟董璽泙砲靴芯鶲瞳燭両り付けが行われていて、2013年はこうしたギフト需要関連での需要喚起に力を入れてくようです。
 
 
ちなみにハナエモリは、2014年にブランド誕生から60周年を迎えることになるそうです。
 
 
午後4時ごろには森英恵さん自身も会場に現れ、新作コレクションの一つ一つを自ら見て回っていました。
 
 
 
帰り際にいただいたお土産は・・・・・・
ハナエモリの紅茶パックとオリジナルクッキーでした。


 
これは帰宅したら紅茶好きな妻にプレゼントしました・・・・(苦笑)。

カテゴリー : 業界イベント | Posted By : かむ@編集長 |

  10月26日〜28日は東京・御徒町で『めがねのまち 鯖江いいもの見本市』が開催されます

 19 Oct 2012 02:06:26 pm

今月末の土曜・日曜を含む3日間、秋葉原と御徒町の中間地点にある爐發里鼎り商業施設瓠2K540 AKI-OKA ARTISAN」において、『めがねのまち 鯖江いいもの見本市』というイベントが開催されます。
 
このイベントは、福井県鯖江市が誇る地場産業である眼鏡フレームをはじめ、繊維、漆器といった手仕事から、竹製品、油団、木製品などの地元の隠れた名品まで、鯖江で行われているものづくりを一般の人たちに広く紹介するもの。
 
会期中は職人による実演やワークショップも行われ、こうした製品のものづくりに犖て甅狄┐譴騰甅牾擇靴爿瓩海箸できる3日間になるという。
 
 
イベントの詳細ついては下記の公式WEBサイトでご確認ください。
http://www.city.sabae.fukui.jp/users/monodukuri/iimono-mihonichi/index.html
 
 




 
 
 
また、『めがねのまち 鯖江いいもの見本市』が会期中の土日(10月27・28日)は、秋葉原をはさんだ反対側の神田で『神田カレーグランプリ』が開催されます。
 
東京の神田周辺には、カレー店(専門店、カフェ、喫茶店、エスニック店、居酒屋、バーなど)がおよそ150店ほど集積しているらしく、そのほとんどの店でオリジナリティー溢れるカレーが販売され手いるそうです。
このイベントは、そんな魅力あふれる神田のカレーを広く知ってもらいために昨年から企画されたいるイベントだそうで、今回が第2回目の開催となります。
 
 
今年の『神田カレーグランプリ 2012』への出展店舗数は24店舗。
それぞれのお店で販売されるカレーの価格は、おおよそ400円〜600円くらいだそうです。
各お店で出されるカレーは、食べ比べが出来るように通常お店で提供している量より若干少なめにコントロールされているそうです。
 
カレー1食の購入につき、投票券1枚をもらうことができ、この投票券にNo1と思われるお店の名前を書いて投票場(本部テント前)の箱にご投票することによって、グランプリ、準グランプリ、3位のお店が決まるそうです。 
 
気になる今回の参加24店舗の顔ぶれは以下のような感じだそうです。

 
インドカレー、タイカレー、欧風カレー、スープカレーなどなど、いろんなカレーを一挙に楽むことができそうな顔ぶれです♪
 
開催日は、2012年10月27日・28日。
開催時間は、各日午前11時から午後5時まで。
場所は、前回同様に千代田区神田の小川広場になります。

『神田カレーグランプリ 2012』の詳細については、下記の公式WEBサイトをご参照ください。
http://kanda-curry.com/
 
 
今月末の休日は、『めがねのまち 鯖江いいもの見本市』で鯖江のものづくりを見て体験した後に、『神田カレーグランプリ 2012』でいろいろなカレーを堪能してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : 業界イベント | Posted By : かむ@編集長 |

  セイコーのレンズセミナーに行ってきました

 10 Oct 2012 03:06:24 pm

本日は、東京・秋葉原で行われたセイコーオプティカルプロダクツ主催の2012秋のレンズセミナー『セイコーソリューションセミナー』に参加して、取材をしてきました。
 
内容は、先月に行われた同社の展示会でのセミナーと同じで、テーマーは爛妊献織覯住代に相応しい タイプ別累進のすすめ瓠
同社が発売したばかりの室内専用累進レンズ「インドアMD」と「インドアPC」、そして従来から発売していた「インドアLD」を加えた、室内専用累進レンズの使い分けなどについて販売店への提案が行われた。


 
このアキハバラ会場では、午前10時からの部だけでなく、午後からも同じセミナーが別途行われた。
 
 
しかし、この富士ソフトビルのセミナー会場はなかなか良い設備のセミナールームです。
 
円形・段状スタイルの座席は見やすく、ゆったりと座ることができ、そして何より各席に専用のコンセントと有線LANのモジュラージャックが備えられています。
(会場内の天井には無線LANのアンテナも多数見られます・・・・)
 
他のメーカーさんも、もっとこの会場を積極的に使ってくれるといいのになぁ・・・・
 
 
このセミナー記事は、THE EYES11月発行号に掲載されます。

カテゴリー : 業界イベント | Posted By : かむ@編集長 |

  「rooms 25」に行ってきました。

 12 Sep 2012 12:00:21 am

本日(9月11日)は、今日から東京・原宿の国立代々木競技場第一体育館で9月13日までの3日間開催されている、『rooms 25』(主催:アッシュ・ペー・フランス株式会社)という、ファッションアイテム関係の展示会に行ってきました。
 
rooms 25というイベントは、ファッションアイテムを独自に発信するクリエイターの世界観を「部屋=room」と捉え、それらを一堂に集めて個性満ち溢れるクリエイターの部屋を、来場したバイヤーらに見てもらうことでビジネスチャンスを広げることが狙いの展示会。
 
そのため、どちらかといえば有名ブランドよりもこれから世界のマーケットに飛び出していくような、新進気鋭のクリエイターたちが生み出した商品が数多く並んでおり、仕事を離れて見て歩くのが楽しいイベントでもあります。 
 



今回は初めてアイウェアゾーンを一箇所にまとめて設けたということもあり、10ブランドほどのアイウェアが終結していました。
 
また入り口すぐの場所には、ユーザーが自分で度数調節ができる液体レンズテクノロジーで注目を集めたアドレンズ社も出展しており、アパレルブランドとのコラボレーションを展開していました。
 
詳細についてはTHE EYES10月号(10月15日発行)で記事を掲載します。
 
 
 
同展示会は、バイヤーやプレス関係者であれば入場料は無料ですので、興味がある方は9月13日まで行われていますので、見に行ってみてはいかがでしょうか?
 

 
 

 
このイベントには以前スーツ姿で行ってやたらと浮いた記憶がるので、今回はパンク・ロリータ系(?)の装飾が施されたレディースブランドのジーンズに白無地の重ね着風ロングTシャツを組み合わせ、腰にSKY-CONQUEROR(スカイコンカーラー)の赤のチェックシャツを巻いて取材の仕事に行ってきました(苦笑)。
 

(これを履いて・・・・)
 

(これを腰に巻きつけていきました・・・・)
 
おかげさまで、展示会場だけでなく、原宿の街を歩いている人たちにもすっかりとけ込めたような気がしますwwwww。
 
とても仕事をしている最中の人間には見えないね(苦笑)。

カテゴリー : 業界イベント | Posted By : かむ@編集長 |



ページ: Prev 1 2 3 ...6 7 8 Next
Sep 2017 10月 2017 Nov 2017
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
THE EYES Webトップページ

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索