Zoff×けいおん!のコラボメガネは、結局のところ・・・・・・・・

 20 Jul 2012 01:53:55 pm

結局、「TBSishop」では1時45分の時点で澪モデル以外は全部売り切れ表示になりました・・・・。
 
そのかわりに、「Zoffオンラインストア」の方はサーバーが復活したようで、なんとか通販ページが見れるようになり、こちらで【澪モデル】【紬モデル】【梓モデル】の3本を予約しました♪
 



 
本当はカード払いが選べる「TBSishop」の方が便利だったんですけどね・・・・(涙)。
「Zoffオンラインストア」は代引きしか選べないので・・・・(汗)

 

 

カテゴリー : 製品情報 | Posted By : かむ@編集長 |

  まさか1時間もしないうちに売り切れるとは・・・・(涙

 20 Jul 2012 01:27:13 pm

本日の正午から、 Zoffと映画「けいおん!」のコラボメガネの販売が開始されたわけですが・・・・・・勝負に負けました・・・・(涙)
 
TBSishop限定の「コレクションボックス付きコンプリートセット」・・・・・あっという間に売り切れになっちゃいました・・・・。
 
あと・・・・あずにゃんのモデルも・・・・・(泣)。
 
 
まさか販売開始から1時間も持たない事態になるとは・・・・(TBSishopの話ですが・・・)
 
 
ちなみにコンプリートセットは売っていないものの、各キャラクターの個別モデルでの販売はしている「Zoffオンラインストア」も、どうもサーバーダウンしているらしく、まともに通販ページに入ることすらできません・・・・(涙)。
 
あずにゃんのモデルだけでもこっちで確保したいのですが・・・・・・(汗)
 

 

 
コンプリートセット欲しかったなぁ・・・・・・(ぐっすん

カテゴリー : ヲタ系めがねネタ | Posted By : かむ@編集長 |

  7月9日以降にインターネットに接続できなくなる可能性がありますので注意しましょう!

 02 Jul 2012 09:35:23 pm

こんばんわ。
ただいまTHE EYES7月15日発行号の編集作業の真っ最中です。
先週あたりから連日終電帰りが続いていまして、かなり疲れが溜まってきています・・・・(涙)
 
歳とともに疲労の蓄積が抜けなくなってきていまして・・・・・ついに先週末、深夜帰宅途中にクルマの接触事故を起こしてしまいました・・・・(滝汗)
 
みなさんも、疲れているときの運転には十分注意してください。
 
 
 
今回のブログの本題は、とあるコンピュータウィルスについてです。

数年前に世界中で猛威を振るっていた「DNS Changer」というコンピュータウイルス原因で、2012年7月9日以降、感染しているパソコンではインターネットにつなぐことができなくなる可能性が高いそうです。
 
7月9日まで、まだ一週間ほどあります。
感染しているパソコンでも、今のうちなら普通にインターネットに接続できますので、今のうちに情報を集めて、この「DNS Changer」というコンピュータウィルスを駆除しておきましょう。
 
 
まずはじめに「DNS Changer」とは何か? について説明しておきます。
 
 
DNS Changerは、パソコンのDNS設定を変更するウイルス(マルウエア)です。
Windowsで動作するウイルスに加え、Macで動作するウイルスも確認されています。
 
2007年に出現して感染を世界中に拡大させました。
 
 
DNS Changerに感染すると、パソコンのDNS設定が変更されてしまい、攻撃者が用意したDNSサーバーをネット接続の際に参照させられてしまいます。
これにより、知らないうちに感染したパソコンを悪質サイトに誘導したり、攻撃者が意図したコンテンツをWebブラウザーに表示したりする攻撃を受けることになります。
 
ただし現在では、DNS Changerに感染しているパソコンでも、悪質なDNSサーバーを参照させられる心配はありません。
なぜならば2011年11月に、米国連邦捜査局(FBI)が悪質なDNSサーバーを差し押さえ、このサーバーを正常なDNSサーバーに置き換えて運用しているからです。
 
 
ただし今回の問題は、この置き換えた差し押さえサーバーが暫定的な運用であったことにあります。
 
当初は感染したパソコンを守るために、この悪質なDNSサーバーを正常なDNSサーバーに置き換えましたが、このことにより感染してたままのパソコンでも正常にインターネットが使えるようになってしまったため、ウィルスに感染したままのパソコンが長期間放置される原因となってしまいました。
 
 
この差し押さえサーバーは、当初の予定では2012年3月9日に運用が停止される予定でした。
 
しかしながら、現在も世界中に35万台の感染パソコンが存在することがわかり、停止した場合の混乱を回避するために、米国連邦地方裁判所の判断によってDNSサーバーの運用が4カ月延長されました。
つまり、2012年7月9日まで運用されることになったわけです。
 
 
今回も運用が再度延長されない限り、7月9日以降は感染パソコンではインターネットに接続できなくなる危険性が高まってきたわけです。
 
 
このDNS Changerには、日本国内でも多数のパソコンが感染しているということから、国内のセキュリティ組織JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)では、「DNS Changer」ウイルスに感染しているかどうかを調べるWebサイトを公開しています。
同サイトにアクセスするだけで、感染の有無を確認できる便利なサイトです。
 
DNS Changerに感染している場合には、『DNS Changerマルウエアに感染している可能性があります』といったメッセージが表示されます。

この場合には、JPCERT/CCのWebページで紹介しているウイルス駆除ツール(ウイルス駆除サイト)などを使って、DNS Changerを駆除してください。


なお、同確認サイトの運用期間は、該当のDNSサーバーが停止される2012年7月9日までとなっているようです。
 
 
 
DNS Changerマルウエア感染確認サイト

カテゴリー : コンピュータ・デジタル機器関係 | Posted By : かむ@編集長 |



ページ: 1
Jun 2012 7月 2012 Aug 2012
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
THE EYES Webトップページ

カテゴリー

リーセント

アーカイブ

ユーザーリスト

検索